1月22日にニューアルバム『次の足跡』が発売されるAKB48。彼女たちが今年もアイドルシーンはもちろん、音楽シーンの注目の的であり続けることは間違いないようだ。2013年後半に発表された最近シングルからその音楽的な動向を探り、今年発売される他のアイドル楽曲にも目を配ってみよう。


 紅白でも歌われた「恋するフォーチュンクッキー」は、フィリーソウル風のストリングスが配されるなど、編曲面でも工夫が凝らされていた。最新シングルの「鈴懸(すずかけ)の木の道で……」でもその傾向は続き、かつてのガバハウスと同様のBPMの速さに、所謂歌謡ロック的なアレンジがなされてウィルソン・ピケットの「ダンス天国」を思わせる瞬間もある(よりトランス色の強いでんぱ組.incなどの作風とシンクロする面もあるが)。カップリングの「Mosh & Dive」は流行のEDM、というよりかつての派手目なトランスやユーロビートに近い感じ、「Party is over」はかつて1980年代後半に生まれたグラウンドビートを意識しているような印象。


 ももいろクローバーZが、かつてのトリッキーな作風から転じて、広瀬香美や高見沢俊彦による手堅い8ビートの楽曲を発表しているのとは好対照だ。AKB48は「王道的なアイドル楽曲」から、ビートやスタイルに気を配った音楽を志向し始めたということだろう。この調子で、時代とジャンルを横断縦断して、より幅広い楽曲にチャレンジしてほしいものだ。


 他のアイドルの楽曲の中にも、同じく一定のスタイルやビートに気を使ったサウンド傾向が見られる。東京女子流の「Partation love」(2014年2月12日)はボトムが太くなってエッジが立った80年代のPWLサウンドのようにも聞こえる。


 そしてモーニング娘。は「笑顔の君は太陽さ」(2014年1月29日)でダブステップの要素をうまく取り入れている。Especiaの「YA・ME・TE! / アバンチュールは銀色に」(2014年1月8日リリース)は少々のフェイク感が漂う、かつての80’sUKジャズファンクのようであり、やはり80’sのプレリュード系ニューヨークサウンドを思わせる部分もある。


 こうしてみると、アイドル音楽の中で、ある一定のジャンル、スタイルが取り入れられるということは、少々マンネリ化が進んでいることの表れかもしれない。だが、それは逆に言えば音楽的に洗練されているということ。マニアックな層ではなく、売れ線を狙ったアイドルシーン自体が、洗練の度合いを強めているということだろう(一方でhy4_4yhなどのように、破天荒なサイバー系のドラムンベースのビートをハードコアテクノで味付けした、洗練されずに突き進む地下アイドルもいるが)。


 ダブステップやEDMをはじめとするクラブミュージックはもちろん、さまざまなスタイルが生まれては消えていく現在の音楽シーン。今後どのような潮流が生まれ、そしてどのスタイルがポップ市場で再発見されていくのか。アイドル音楽を通して、そうした流れを追いかけるのも面白いのではないだろうか。

 AKB48の大島優子が、2013年末の紅白歌合戦にて卒業を発表し、各界で話題となっている。大島は現在、AKB48の中では最年長の25歳で、卒業はかねてより噂されていたため、ファンの間でも、今回の発表はだいぶ前から計画されていたものと見る向きが強い。


 紅白の舞台で卒業を宣言したことに対しては、「私的な発表をする場ではない」などの厳しい意見もあったが、多くのファンは今回の発表を好意的に受け取るとともに、大島のAKB48卒業後の活動に関心を寄せているようだ。


 大島は今後、以前より公言していた通り、本格的に女優への道を進むと思われるが、そこにはいったいどんな期待と懸念があるだろう。AKB48に詳しい放送作家のエドボル氏に話を訊いた。


「大島さんは、前田敦子さんよりも早く卒業したかったと公言していたくらいですから、今回の発表には多くのファンが納得しているのではないでしょうか。また、前田敦子さんと同じように女優を目指すというのも、ごく自然なことかと思います。ただ少し懸念があるとすれば、まだ彼女自身がしっかりとしたドラマや映画と出会っていないこと。彼女は『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBSテレビ)に出演していましたが、当たり役と呼べるほどではありませんでした。もしかしたら、舞台などでの経験を積めば、彼女はよりポテンシャルを発揮できるようになるかもしれませんね。卒業するからには、本腰を入れて打ち込める作品に出合ってほしいと思います」


 また大島は、AKB48を先に卒業し、現在、女優としての評価を高めつつある前田敦子とは、また異なる可能性を持っているという。


「前田さんの場合はどちらかというと映画女優に向いているタイプで、彼女特有の憂いのようなものを持っていますが、大島さんの場合はもっと世間に近い存在というか、親しみやすい役柄があっているのではないかと思います。たとえばエンターテイメント系の映画やコメディタッチのドラマなどで、実力を発揮できるのではないでしょうか。また、コントやバラエティ番組などにも向いているタイプかとも思います。AKB48を卒業することによって制約が少なくなる部分もあるでしょうから、いろいろなことに挑戦してほしいですね」


 いっぽう、歌手活動に関してはあまり期待ができないと、エドボル氏。


「大島さん自身、ソロで歌手を続けるといった願望はあまり抱いていないのではないでしょうか。なにかの企画などで歌を歌うことはあるかと思いますが、前田さんとは異なり、今後は女優業に専念していくと思います。よく指摘されていることですが、彼女は永作博美さんに似ているため、年齢を重ねても可愛らしい役柄ができるタイプだと思います。彼女の歌を聴けなくなるのは残念ですが、今後はそのキャラクターを活かして、息の長い活躍をしてくれることを願いたいですね」


 AKB48を卒業し、いよいよ夢として抱いていた女優への道を歩みださんとしている大島。その活躍は、かつての仲間たちにとっても大いに刺激となりそうだ。

中国紙・新快報は5日、日本の大ヒットドラマ「半沢直樹」の続編が今秋にもクランクインするのではないかとの噂が飛び交っていると報じた。

【その他の写真】

最高視聴率42.2%という驚異的な数字を記録した本作はアジア全土で高い人気を博しており、中国ネットユーザーも続編を楽しみにしている。ところが、日本メディアによると、残念なことに主演の堺雅人以外のキャストはスケジュールの都合で「総入れ替え」になる恐れもあるとのこと。スマップの稲垣吾郎や元AKB48の前田敦子ら多くの人気スターからの“逆オファー”が絶えないと伝えられている。


これに対し、中国のネット上ではさまざまな反応が寄せられている。


「大和田常務・・・」

「視聴率倍返しだ!」

「及川光博さんは外さないで!!!」

「黒崎や花も変わっちゃうの?」


「楽しみ!でも、出来るだけオリジナルのキャストでやって欲しい」

「堺さんだけ残るっていうのも何だか・・・。大和田常務や同期の2人、国税局のオネエや上戸彩ちゃんは変えないで〜」

「国税局のオネエはまた絶対に見たい・・・」


「香川さんの演技は最高だった!絶対にいなくならないで!あの表情は他の人には真似できないよ」

「日本ドラマは見ごたえがある!中身のない韓流ドラマとは違うね」

「リーガルハイ3も早く作って!」


(編集翻訳 小豆沢紀子)

おすすめ


  • Powered by ロストタイム