<AKB48>大島卒業で世代交代さらに加速? 2014年を展望

 中核メンバーの大島優子さんが大みそかのNHK紅白歌合戦でAKB48からの卒業を発表するという最大のサプライズで2013年をしめくくったAKB48グループ。昨年は6月の第5回選抜総選挙でHKT48の指原莉乃さんが初の首位に輝き、篠田麻里子さんや板野友美さんらがグループを卒業、姉妹グループも成長し、若手メンバーや研究生も存在感を増すなど“世代交代”が進んだ。AKB48の昨年の活動を振り返り、2014年を展望する。

【写真特集】投票権付きシングルでは……大島、まゆゆらAKBの32人が水着姿に! ◇2013年もミリオン連発 指原センターで“恋チュン現象”も 13年のAKB48は、CDセールスも好調。2月に発売した30枚目のシングル「So long !」から12月発売の34枚目のシングル「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」までいずれも100万枚以上を売り上げ、歴代単独首位となる通算16作目のミリオンを達成した。オリコン年間ランキングでも上位4位を独占するなどセールス面はまだまだ好調で、14年もランキングをにぎわせることは間違いないだろう。 また、昨年の第5回AKB48選抜総選挙で、大島さん、渡辺麻友さんらを抑えて初めて首位に立った指原莉乃さんが初センターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」は、懐かしさを感じさせるサウンドやリズムなどが印象的な80年代ディスコ調のナンバーで、覚えやすい振り付けなどがうけ、一般企業の社員や自治体の職員、さらには海外などからも同曲を“踊ってみた”動画がアップされるなどの“恋チュン現象”も広がった。 ◇今年はどんなイベントが? ファン投票で人気楽曲100を決める「リクエストアワーセットリストベスト100」「選抜総選挙」「じゃんけん大会」「紅白対抗歌合戦」……と毎年、多彩なイベントを展開しているAKB48。昨年は、選抜総選挙の舞台が日本武道館(東京都千代田区)から日産スタジアム(横浜市港北区)へと移り、得票総数も過去最高の264万6847票と、前回の138万4122票からほぼ倍増。夏には5大ドームツアーを行い、11月にはプロ野球のドラフト会議さながらの「AKB48ドラフト会議」を初開催するなど話題に事欠かなかった。

コメントする

名前:
 
 
おすすめ


  • Powered by ロストタイム